ナゴヤファッション協会

文字サイズ

小大

サイトマップ

fashion wave

ナゴヤファッションコンテスト

「ナゴヤファッションコンテスト2012」関連イベントと制作者からの感想

今回の「ナゴヤファッションコンテスト2012」の受賞作品やデザイン画等を様々な催しに出品し、大勢の方々にご覧いただきました。
また、最終公開審査会に臨んだ制作者の皆さんから、感想をお寄せいただきましたので、あわせて掲載をさせていただきます。

作品を展示・出品した催し

1 「国際アパレルマシンショー(JIAM 2012 OSAKA)」 受賞作品展示
ナゴヤファッションコンテストの受賞9作品のうち、7作品を展示しました。

主  催 : 社団法人日本縫製機械工業会
協  力 : ナゴヤファッション協会
日  時 : 平成24年9月19日(水)~22日(土)
会  場 : インテックス大阪

JIAM1.JPGJIAM2.JPG

 

2 「ジェイアール名古屋タカシマヤ」 受賞作品展示
ナゴヤファッションコンテストの受賞9作品及び最終審査会に残った全33点のデザイン画を展示しました。

日  時 : 平成24年9月26日(水)~10月2日(火)
会  場 : ジェイアール名古屋タカシマヤ 5階 ローズパティオ

TASASHIMAYA1.JPGTAKASHIMAYA2.JPG

 

3 「NACO KICKOFF PARTY in MEIEKI いいね!」優秀作品のショー
ナゴヤファッションコンテストのグランプリ・ゴールド・シルバーの上位3賞及び入選31作品のうち愛知県・三重県から応募のあった作品、計15点によるショーを開催しました。

日  時 : 平成24年9月29日(土) 13:00~16:00
会  場 : JRセントラルタワーズ タワーズガーデン


NACO1.JPGNACO2.JPG

 

制作者からの感想

デザイン画の提出から返却まで何一つ困ったことはなく、細かいところまで気を配って頂きすごく助かりました。
有難うございました。

昨年も参加させて頂きましたが、私はこのコンテストが大好きです。それは、主催者の皆さんが暖かく、出品して
気持ちのいいコンテストだと感じるからです。本当にお世話になりました。すごくいい思い出です。有難うございました。

とても丁寧に対応していただきました。ありがとうございます。

今回、賞を頂き本当に嬉しく思います!これもナゴヤファッション協会の皆様のサポートがあったからこそだと思っています。
前日まで作業をしているなか協会の皆様から頑張れ!の一言がすごく心に残っています。改めてありがとうございます!ナゴヤファッションコンテストが私の中で1番、思い出に残るコンテストになりました。来年は是非グランプリを目指し頑張ります!(笑)本当にありがとうございました。

とても刺激的で貴重な体験をさせていただきました。審査会が終わってからも展示やショーなどを積極的にして
いただきありがとうございます。今後、独立を考えているので知名度をあげるいい機会になりました。今後、御予算などに余裕があれば副賞などにブランドを始めるにあたっての支援など将来性のあるコンテストにしていただけると、是非今後も応募していきたいと思います。

今回ファッションコンテストに始めて参加させて頂きました。一次予選を通過した時は喜びよりも不安の方が大きかったのですが、コンテスト当日を迎え自分自身も楽しんで参加させて頂きました。大変良い経験をさせて頂き、本当にありがとうございました。

賞を取ることができなくて、言い表せないほどの感情と何もない絶望を感じました。一ヶ月時間をおいて振り返ると、やはり勝ちたかったですし、何かを手に入れたかった。でも今、この自分がいるのは入選できたからであの会場にデザイナーとして立っていたからだと断言できます。自分がこれから何をすべきで、何ができるのかまだわかりませんが確実に"自分のために役に立つことをした"とは思っています。

特に悪く感じた事はありませんでしたし、非常にコンテスト関係者の方々はお気遣いしてくれたので、それは本当に良かったです。
ただ一つ、どのコンテストにでも気になるのはフィッターの方がどれだけフィッティングに気を使えるかと作品の担当につくフィッターの管理の仕方などでたまに心配になる事があるので、フィッターをやって頂く方には、一応ある程度の知識と責任感を持ってやって頂ければより円滑なコンテストを行う事が出来るのではないかと思いました。 
                                                                         
質の高い作品を見る事が出来るナゴヤコンテストは非常に素晴らしいと思いました。審査後は審査員との対談もする事ができ、ただ作品を作って順位だけ付けて終わりというのではなく、製作者側が良い評価、反省点というのを直接審査員から受け取る事ができるので本当に良い機会を与えて頂いていると思いました。

このページのトップへ戻る