世界で活躍する先輩たちから
   
ファッションデザイナー
真木 喜久子
名古屋モード学園卒業後、フリーデザイナーを経て、1993年株式会社ギャルデ・コレクティブ設立。1994年1ST展示会開催、1999年ブティック・ニコル クリエイティブディレクター就任(以降2年間)、同年東京コレクションに初参加(2000 S/S)。2000年IFF(国際ファッションフェアー)アンビアンス参加(以降3回迄)。2001年ファッション甲子園の審査委員を務め、同年に広瀬香美ファーストコンサート衣裳デザインを手がける。
2002年9月(株)萩原ハウス・ウェア・スタジオ クリエイティブディレクターに就任。同年11月、日仏ファッションデザイナージョイントショー パリコレクションin東京2003参加、同年ファッションクリエーター新人賞国際コンクール審査員を務める。2003年2月マツオ・インターナショナル(株)DW2Rクリエイティブディレクターに就任。同年10月SWAROVSKI JAPAN (CRYSTAL FASHION KOMPONENTS)参加。他、コレクション、展示会など多数参加。


"夢は必ず実現する" 
これは私が専門学校へ入った時に耳にした言葉です。
それから何十年かたった今でも時々思い出す言葉でもあります。

大きな夢でも小さな夢でも、自分がやりたい事を決め行動していくこと、
曲がったり戻ったりあるいは直進の時もありながら、
いつか必ず思い描く自分になっています。

頭の中で思い描き、一つ一つ全身で実行していく事、
それをどんな事があってもやり続けていく精神力が、
どの分野でもどんな世界でも
"夢を実現する"力なのだと思います。

"服が好き"から始まり、名古屋から東京へ。
いろいろなやりたい事を実行しているうちに、
知らず知らずのうちにたくさんの人達と出会い、
いろいろな事と出会いました。
今考えると"どんな人と出会うか"より、
"どんな自分でいるか"の方が重要です。
出会った人、事、それが自分にとって大切なのかどうかは
自分で決める事です。
一度しかない自分の人生を思いっきり楽しみ、行動し、
失敗してもあきらめない強い心で進んで行って下さい。