20年度イベントレポート


NFファッションフェスティバル2009開催報告

 

 2月14日、15日に名古屋ファッション専門学校による「NFファッションフェスティバル2009」が開催されました。自分の内面を表現した『on inside』では、3体1組で、リアルクローズのブランドとして通用するコレクションを想定した作品を展開していました。
 2部は、Tシャツなどの既製品1アイテムを選び、トータルコーディネートを提案する『from @ item』。ヘアメイクのパフォーマンスもあり、楽しんでクリエーションしていることが伝わるショーでした。最後は日本を取り巻く国々へ発信するテーマを表現した『Link』。学生それぞれが考える国のイメージをファッションへ落とし込み、各自の個性を表現した作品が次々と登場しました。
 すべての作品の中から選ばれるドン小西賞には、『on inside』コレクションの中の渡辺摩美さんの作品が選ばれました。('09.3.6)

* 名古屋ファッション専門学校 → www.fashion.nsc.ac.jp/


名古屋学芸大学第4回卒業制作発表会

 

 1月24日(土)に、名古屋学芸大学ファッション造形学科4年生による、「第4回卒業制作発表会」が開催されました。第1部では、昨年から交流のあるドイツ国立ベルリン芸術大学の学生作品が発表され、ユニークなフォルムの洋服が次々と登場しました。第2部では、学生による卒業制作のデザインプレゼンテーションが行われました。
  コンセプト別にメンズとレディースを織り交ぜながらショーを展開。71点の作品が登場し、見応えたっぷりのショーとなりました。最後には制作者の卒業生たちが一同に登場し、今後の活躍を期待させる素敵な発表会となりました。今回の作品は、ドイツのベルリンでも発表されるとのことで、ますます国際的な交流の発展につながりそうです。

* 名古屋学芸大学→ www.nuas.ac.jp/

   
CFCファッションコンテスト2009 開催

 

 2月7日、8日の2日間にわたり、中部ファッション専門学校の「CFCファッションコンテスト」が名古屋のナディアパークで開催され、総勢2千名の観客が来場されました。
 今回のテーマは「Ø ver.」−version zero―。溢れてくる愛情、感情、感性を独自の視点で表現。応募総数710点のデザイン画の中から審査を通過した個人作品39点と、クラスごとに5点で1グループの13企画作品がランウェイに登場しました。審査の結果、個人部門グランプリには、宝石のカットを袖やスカートのプリーツで表現した、アパレルデザインコース2年の佐藤未奈さんの作品が選ばれ、企画部門グランプリには、アパレルデザインコース2年の社会で戦う新しいワーキングスーツを提案した作品が選ばれました。
 半年間かけて学生達自身で運営、創り上げてきた作品やショーの集大成となり、ラストショーでは主催側の学生達の熱気が伝わり、会場内のムードは最高潮となりました。('09.2.20)

* 中部ファッション専門学校 → www.cfc.ac.jp/chubu/


SHIBORI COMMUNITY 2008

 

 11月26日〜30日の5日間、愛知県美術館ギャラリーG室にて「SHIBORI COMMUNITY 2008」が開催されました。シボリコミュニティは自由な発想から生まれる図案を基に概念にとらわれない絞り表現をし、伝統的な技法を生かしながら現代的な表現を用いて創作活動を行っているグループです。今回は初めて、名古屋市立大学芸術工学部/藤井研究室の学生たちが草木染めを施したウエラブルアート(=アーティスティックな衣服)と合同展示を行いました。藍染めを中心とした絞り作品が壁一面をぐるりと囲み、真ん中の空間には草木染めの衣服がディスプレイされ、会場内はユニークでありながら、神秘的な雰囲気に包まれていました。来年は、全国のシボリコミュニティが集って、京都で合同展示を行う予定だそうです。

* シボリコミュニティ→ www.shibori-community.org

   
ファンタジックなショーのテーマは“南の島の魚たち”

 

 「クリエーターズマーケットvol.18」でグッドファッション賞に選ばれた「hapilie」の平田さんのファッションショーが、クリマのステージで開催されました。“南の島の魚たち”をテーマにしたこちらのショーは、クラゲのようにふわふわなヘッドドレス、人魚姫のような淡いピンクのワンピース、熱帯魚のひれをイメージしたヒラヒラスカートなど、ファンタジックな世界観が溢れたショーとなりました。平田さんは「この洋服の雰囲気にぴったりな靴を作るのはこの方しかいない」と、「23,shoe contemporary」の鈴木さんへお願いして、グリーンやピンクなどのポップなカラーを使用したエレガントなストラップシューズを作っていただいたそう。頭からつま先までトータルにコーディネートされた素敵なファッションショーとなりました。hapilieの商品は、テレビ塔パークギャラリーと大阪のGypsy Flowerで販売しています。

* hapilie→ http://hapilie.jugem.jp/
23,shoe contemporary→ http://www.order-life.com/product-group/2

   
今回のグッドファッション賞は「lustre etrange」

 

 12月6・7日に「クリエーターズマーケットvol.19」が開催され、ナゴヤファッション協会が選ぶ「グッドファッション賞」が決定しました。受賞されたのは「lustre etrange(リュストル エトランジェ)」の宮代さん。「黒やパープルなどの色を使用した、甘過ぎないガーリーテイスト」な洋服を作成しています。片側だけにピンタックを寄せてアシンメトリーに仕上げたチュニックや、レース×濃いピンクの組み合わせがキュートなシルクブラウス、赤×黒チェックのウールワンピースなど、様々な素材で作られた洋服は、すべてパターンから縫製まで一人で仕上げているので、手間ひまがたっぷりかけられていることが伝わります。次回のクリエーターズマーケットで、ファッションショーを行う予定ですので、お楽しみに。('08.12.16)

lustre etrange(宮代名津美さん)プロフィール
名古屋市中村区在住で、昨年の冬からクリエーターズマーケットなどに参加し、仕事をしながら洋服や小物を作成。今後はHPでの販売展開を考えているそう。

グッドファッション賞を受賞すると、次回のクリエーターズマーケットで2ブース(2日分)プレゼント。副賞として、プロのモデルと演出家によってクリマでファッションショーを行うことができます。ナゴヤファッション協会のHP等でご紹介もします。

* lustre etrange→ http://ameblo.jp/lustre-etrange/
クリエーターズマーケット→ http://www.creatorsmarket.com/


2008 Tower collection 〜spring & summer 光の波〜

 

 デザイナーが自分のブランドをPRし、ビジネスにつなげていくことを目的として始まったこちらのコレクションは、今回で4回目となります。11月14日に名古屋テレビ塔のスカイデッキで開催された「2008タワーコレクション」には、今回も百貨店やアパレルの関係者などが集まり、会場内は熱気を帯びていました。
 まずは学生たちのショーから始まり、地元で活躍するクリエーターなどを中心とした8ブランドが、次々と2009S/Sのコレクションを発表しました。
 オーガニックコットンの軽やかなワンピースや、レースをふんだんに使ったクラシックなフォルムのワンピース、グリーンで爽やかさを表したサマーバケーションドレスなど、各ブランドの個性が表現されたショーが展開されました。光の波につつまれた様な夜景をバックに、幻想的な雰囲気の中で行われるショーは、見る人たちを楽しませていました。
 今回展開した一部のブランドは、2009年4月15日〜30日の間、ラシック5Fのクリエイトスクエアにて販売を行う予定ですので、ぜひ足を運んでみて下さい。

【参加ブランド】
お日さまとお月さま/Bhoga/Cherry Peach Blossom/ MACHIKO JAPAN/pipilottie /SWeet flag /VOZWILGIBB
【学生参加ブランド】
Chatterie(名古屋ファッション専門学校)needle works(中部ファッション専門学校)

*次回コレクションに参加希望のブランドを募集中です。
お問合せ先
Tower collection 実行委員会
担当:前田
FAX:052-762-4485

   
Fuligo in LACHIC Winter prize

 

 「古びたもの、奇妙なもの、それでいて美しいもの」をコンセプトにしたアクセサリーのセレクトショップ「Fuligo(フーリゴ)」が、11月19日〜30日までラシック5Fクリエイトスクエアにて展示販売を行いました。
 今回の注目は、Fuligoのオリジナルブランドの「optoo」。タロットカードの隠されたモチーフを、魅惑的なアクセサリーに仕上げてあります。魔術師のアイテムである可動するコンパスや、ジルコニアの輝きを中に閉じ込めた星、揺れるカンテラなど、全てのアイテムにはカードの意味が隠されています。購入すると、その意味をもつオリジナルのタロットカードが1枚付属し、美しいカード欲しさに思わず購入したくなってしまうかも。
 他にも、革にプリントを施した美しい蝶がモチーフのブローチやリアルなうさぎをモチーフにしたリング、繊細で美しいゴールドジュエリー、革のベルトや洋服など全部で13ブランドが並び、自分だけの宝物を探す様な気分になれる素敵なアクセサリーエキシビジョンとなりました。('08.12.2)

* Fuligo → http://fuligo.com/


第10回 CFCオープンセミナー開催

 

 10月23日(木)に、中部ファッション専門学校CFCホールにて、ニューヨーク在住のファッションジャーナリスト礒野信江氏による第10回オープンセミナーが開催されました。
 現在、世界的な経済危機がささやかれる中、最初にニューヨークのファッションビジネスの現状報告からはじまりました。続いて2009年春夏ニューヨークコレクション分析では、アートからインスパイアされた未来志向のモダンなスタイルと、クルーズラインから発展したオフボディ&イージーフローなリラックスしたシルエットが紹介されました。
  また、「新キャリア服市場の動向と不況に強い次世代ブランドの商品開発」というテーマでは、経済状況と連動させた有力SPAチェーンの新しい市場へのアプローチが報告されました。
  今後の日本市場での展開にも注目です。企業など多数の参加者からは、情報量の多さと細かい分析に対して高い評価をうけていました。

 また、翌24日(金)には全校生にニューヨークセミナーと題して、礒野氏の同内容の講義がありました。ニューヨーク州立ファッション工科大学で開催中の<ゴシック>と題した衣装展も紹介され、12月開催のニューヨーク研修ツアー参加予定者からは、盛んに質問が出されていました。('08.11.18)

* 中部ファッション専門学校 → www.cfc.ac.jp/chubu/

AGURI SAGIMORI 2009 SPRING/SUMMER COLLECTION

 

 今回の2009 S/Sのテーマは「Words and clothes―言葉を愛する気持ち―」。 「言葉」と「服」は人との距離よりも近くに存在し、「言葉」は憧れの対象、というアグリさん。日本語の持つディティール、またそれを慈しむ行為をテーマとして表現しています。

 後ろ身頃が折り返るドッグイヤージャケットや、付箋をモチーフにした箱ポケットのブックマークジャケット、インナーには上質のメンズのシャツ地を用いて、極力ダーツやステッチを省いてフラットな印象に仕立てています。言葉や想いがあふれる様子を、ボリュームのあるシャツワンピースやシャツの中からとびだすフレアなどで表現しているそう。

 「君が愛した僕」「言の葉を纏う」「ユルス」という文字を、伝統的な「有松絞り」の手法を用い、シルクオーガンジーやシルクサテンなどの繊細な生地に滲ませ、文字という概念を取り払い、模様の様に繊細で幻想的な雰囲気を生み出していました。('08.10.20)

素材提供(ナゴヤファッション協会/会員企業):興和株式会社、瀧定名古屋株式会社、タキヒヨー株式会社

* PROFILE 〜鷺森アグリ〜
1985年大阪府寝屋川市生まれ。2007年バンタンデザイン研究所卒業。同年、新人デザイナーファッション大賞優秀賞、ナゴヤファッションコンテスト2007グランプリを受賞。2008年3月JFWにてデビュー。


アンファッションカレッジ ファッションショー開催

 

 自然と一体となった緑豊かな会場「セラミックパークMINO」で、8月31日、アンファッションカレッジの学生たちによるファッションショーが開催されました。
 このファッションショーは、同会場で8月1日から開催されている「国際陶磁器フェスティバル美濃‘08」に合わせて開催された「多治見市・瑞浪市・土岐市 三市の日」の中で行われたもの。第一部の生徒作品ファッションショーと第二部のコンテスト入賞作品ファッションショーで構成され、第二部は、作品全体に施された細かいプリーツが印象的な、三浦綾子さんのNDC2008中部フレッシュコンテストのNDC賞受賞作品をはじめ、数々のコンテスト受賞作品が紹介されました。('08.9.5)

* アンファッションカレッジ → www.ob2.aitai.ne.jp/%7Eann/

学生たちのショー“ONE NESS”

 

 8月7日に、中部ファッション専門学校の方が主体になったファッションショー“ONE NESS”が行われました。
 専門学校生たちだけでなく、卒業生たちも含め、全17ブランドが集結しました。
 ロックテイストや中世のドレス風、トラッドテイストなメンズ物や舞台衣装風なものまで、各ブランドが様々な独自の世界観を出していました。
 音楽や照明なども工夫されていて、学生ならではのパワーたっぷり、熱気のあるショーとなっていました。('08.8.22)

NDC2008 中部フレッシュコンテスト

 

「NDCグランプリ・中部経済産業局長賞」
「ナゴヤファッション協会賞」
 今年で43回目を迎える「NDC2008中部フレッシュコンテスト」が、6月26日に愛知県勤労会館で開催されました。中部地区の高校生や大学生などから応募された1534枚のデザイン画の中から、254名の作品が選ばれコンテストを繰り広げました。今回のテーマは華・華・華。テーマに沿った華やかで色とりどりな作品が、数多く出品されました。第二次審査では、30作品の優秀作品が選ばれました。

 『一般の部』―「NDCグランプリ・中部経済産業局長賞」は、成田みなみさん(名古屋女子大学短期大学部)が受賞されました。成田さんの作品は淡いグラデーションを施し、レースのような花がたくさんちりばめられた美しいドレスでした。特に、全体のバランスの良さが評価につながったそうです。

 『高校生の部』-「NDC賞」に輝いたのは、三浦彰子さん(アンファッションカレッジ・高等課程)。三浦さんの作品は、大輪の花がバランスよく配置され、全体に細かなプリーツが入った大変手の込んだ作品でした。

 『ナゴヤファッション協会賞』は、林佳奈さん(名古屋文化短期大学)が受賞されました。パッチワークの様に組み合わされた生地は、全体からボヘミアンな雰囲気の漂う、エレガントな作品でした。('08.8.5)

今年のグッドファッション賞は「hapilie」の平田美奈さんに決定★

 

 2008年6月14日(土)・15日(日)に開催された「クリエーターズマーケットvol.18」で、ナゴヤファッション協会が選ぶ「グッドファッション賞」に、hapilieの平田美奈さんが受賞されました。ワンピースやスカート、バッグなどポップで楽しくなる色使いの作品は、来場者の目を引きつけていました。平田さんは「接した人が、思わずニッコリしたくなるような作品作りを目指しています」とのことで、色や柄の多彩な組み合わせはとっても可愛らしくて、手に取るとウキウキした気分になってしまいます。次回のクリエーターズマーケットでは、hapilieのファッションショーを行う予定です。

hapilie(ハピリ)取り扱い店舗
テレビ塔パークギャラリー(展示内容による)
Gypsy Flower (大阪・南堀江)

* クリエーターズマーケット → www.creatorsmarket.com/

   
NatuneYのキュートなファッションショー開催

 

 昨年12月に行われた「クリエーターズマーケットvol.17」で、グッドファッション賞を受賞した「NatuneY」の林奈美枝さんが、賞の副賞として、モデル・ヘアメイク・演出などプロがバックアップをして、2008年6月15日に開催された「クリエーターズマーケットvol.18」でキュートなショーを展開。ナチュラルな色使い、凝ったディテール、花柄とフリルがたっぷり使われた、甘いテイストの洋服が次々と登場しました。NatuneYの特徴は、1枚でいろんな着回しが可能なところ。チョーカーが、ヘッドドレスやベルトとしても使えたり、レースやヒモを結ぶと服に違う表情が出たり。繊細な仕立てで乙女ゴコロをくすぐる服の数々で、会場からも“かわいい"との声が上がっていました。来春には、HP上にてネット販売が始まる予定で、今後の展開がますます楽しみです。

* NatuneY → natuney.com/


NSCollection2008「plus+」のエキシビジョン開催

 

 名古屋ファッション専門学校によるエキシビション「plus+」が、7月11日(金)〜13日(日)ナディアパーク7階の“7th Café"で開催されました。
3年生が中心となって各自のブランドを企画制作し、約60点の個性豊かな作品を天井から吊り下げ、会場内がポップで楽しい雰囲気いっぱいでした。その中には宇仁繊維株式会社から提供された素材で作られた作品なども。11日(金)午後7時からは、ピアノの生演奏が流れる中、学生モデルたちが作品を着用して、インスタレーションを行いました。他にも各自のブランドのスタッフTシャツをプレゼントする企画や、卒業生である本城愛子さんが製作したオリジナルTシャツの展示など、内容は盛りだくさんで、訪れた多くの方々が楽しんでおり、素敵な催しとなりました。('08.7.22)

* 名古屋ファッション専門学校 → www.fashion.nsc.ac.jp/


創る人 芽里さんによる「Garden Party」華やかに開催

 

 5月17日(土)、ランの館にて、創る人芽里さんの7周年記念のファッションショーが開催されました。色々とりどりのお花に囲まれ、澄み切った青空のもと開かれた60体余りのウェディングドレスとワンピースのファッションショーには、多くの女性ファンらが詰め掛け、ショーが終わった後も実際に作品を自分で手にとって、品定めを続ける女性たちでフィッティング用の小部屋があふれかえるほどでした。
  ドレープや切り替え、フリルなどのさりげないひと工夫の中に、「シンプルで美しく夢と愛のあるお洋服」をコンセプトに作品を作り続ける芽里さんの思いが込められた素敵なファッションショーでした。('08.6.6)

* 創る人芽里→ http://tsukurumeri.com/main/


Tower collection 〜autumn&winter光の宙〜

 

 TV塔のスカイデッキを舞台に、地元クリエーターが繰り広げる「Tower collection」の第3弾「Tower collection 〜autumn&winter光の宙〜」が、4月11日(金)に開催されました。今回の参加ブランドは「view」(名古屋ファッション専門学校、山本かおり/加藤千明)、「needle works」(中部ファッション専門学校、清水景子)、「VOZ」(野間文圭実)、「gleam」(高橋直実)、「お日さまとお月さま」(田中明子)、「Cherry Peach Blossom」(伊藤真紀)、「MACHIKO JAPAN」(酒井真知子)、「Cung bo bien 1995」(浅井清香)の8ブランド。夜景をバックにした演出のショーはとても印象的で、生地の素材やシルエットを間近で見ることが出来、クリエーターの熱意を感じられるすばらしいショーでした。今回のショーに参加したクリエーターが、5月12日(月)〜6月2日(月)ラシック5Fにて、作品の発表・販売をする『Unique flower』というイベントを行います。名古屋で活躍するクリエーターの作品を見て触って購入できるという機会は見逃せません。('08.4.25)


平成19年度イベントレポート →



▲ページトップへ