ファッショントレンド'04.9
 
  ファッション・ジャーナリスト
大塚陽子
 
    <マックスマーラ オードパルファムの誕生>

フレッシュで、きらきらと輝き、フェミニンな印象。マックスマーラのスタイルがフレグランスに凝縮されました。
それは第二の肌のように心地よく、カシミアのセーターのようにナチュラルにフィットします。そして、香りの一滴一滴がまるでシルクのドレスのようにセンシュアスなハーモニーを奏でます。まさに、"現代の女性"そのものといって良いでしょう。
ボトルはティエリー・ドゥ・パシュマコフによるシンプルなデザインで、女性のフォルムを讃えるかのように微かで美しい曲線がポイントです。 香りはあくまでも控えめで、限り無い優しさに満ちています。
9月29日から名古屋の直営店を初め、伊勢丹新宿店、阪急百貨店、大阪・梅田本店、その他の直営店で先行販売されるほか、10月13日からは全国有名百貨店フレグランスコーナー、及び主要なマックスマーラ ショップでも販売が予定されています。
 
 
 
    <新名所丸の内に出店ラッシュ>

東京駅に程近い場所にまた一つ名所ができました。 丸の内マイ・プラザで、9月16日お披露目があいつぎました。ワールドのオパーク、シャルル・ジョルダン、マルニー、ティファニーなど有名店が軒を列ねています。
その中でも一段と際立っているのがジャンポール・ゴルチエ店です。ゴルチエとフィリップ・スタルクの共同コンセプトによる店内は壁の歪みに服をかけたり、巨大な鏡の屏風が設えられている他、3メートルもある巨大なピンポン玉で作られたシャンデリアなどが目を引き、幻想的でロマンティックな雰囲気が漂っています。
メンズ、レディスのウエアの他雑貨、香水も揃っています。ゴルチエが提案する異空間をぜひ味わってみてください。

住所:東京都中央区丸の内2-1-1 明治生命ビル(丸の内 マイプラザ)1F
TEL:03-5224-5032
営業時間:11時〜21時
定休日:不定休
 
 
 
    <アンテナショップ「メゾン・デュ・キュイール」9月7日オープン>

(社)日本タンナーズ協会がかねてから計画中だったアンテナショップが東京・南青山の骨董通りにオープンし、9月7日盛大にオープニングパーティが催されました。
日本国内の製革業者が、広く国産の革の良さをアピールし、また、直接デザイナーや消費者の声を聞く場所を設けたいという願いから誕生したこの「メゾン・デュ・キュイール」、約20坪のショップ内には80枚の革と60枚近いインデックス革(約20cm四方)がディスプレーされており、国内はじめての試みとして各界の関心を集めています。
また、オープニングを記念した「グッド・ドッグ・グッズ展」では津村耕佑、荒川眞一郎、平子礼子、林和子氏の各デザイナーが愛犬ようのグッズをデザインしたほか、アーティストの小井田由貴さんが、ピッグスキンに版画を刷るといった新しい試みを披露しています。
展示会は約一ヶ月行われていますので、是非一度立ち寄ってみて下さい。

住所:東京都港区南青山5-4-29 南青山信和ビル2F
TEL:03-3499-8446 FAX:03-3499-8447
e-mail:kawa-mdc@peace.ocn.ne.jp
営業時間:10時30分〜19時
定休日:水・日曜日&祝日
 
 

 
  ファッション・ジャーナリスト 大塚陽子

1947年9月9日 茨城県生まれ
福島県立磐城女子高等学校卒業後、国学院大学文学部史学科入学 '70年同大学卒業
1971年婦人生活社服装編集部入社
1974年モード・エ・モード社入社、'84年退社 最終職「モード・エ・モード」誌編集長
現在、東京ファッションデザイナー協議会(CFD)・顧問
エール・フランス国際コンテスト、青森・ファッション甲子園、福井ファッションコンペなど各審査員をつとめる。