ファッショントレンド'04.12
 
  ファッション・ジャーナリスト
大塚陽子
 
 
 
  <トッズ青山店オープン>

12月11日(土)、表参道にまたひとつ有名ブランドの路面店がオープンしました。“トッズ表参道ビル"です。トッズはイタリアきっての皮革ブランドですが、特に靴底に小さな突起が並ぶドライビングシューズが有名です。
今回オープンした表参道ビルは1〜3階がブティック(約750平米)、3階の一部と4、5階はオフィスで6階はイベントスペース、7階にはプライベートなダイニングルームと会議室、そして屋上庭園が設置されています。設計は伊東豊雄氏で、ケヤキ並木のシルエットのような景観が特徴になっています。
このビルのオープニングを記念してイタリアからディエゴ・デッラ・ヴァッレ社長他も駆け付け、10日と11日にかけて大掛かりなパーティが行われました。10日はビュッフェ形式でブティックが紹介されましたが、店内ではイタリアからやってきた職人さん達が実際にシューズやバッグを作っている所も披露され、そのクオリティの高い物作りに改めて感心させられました。また、10日と11日の夜は6階のイベントホールを会場に、セレブやジャーナリスト対象のシッティング・ディナーが催され、華やかな幕開けとなりました。このブティックでの限定版のバッグなども販売されていますので是非一度お出かけになってみてはいかがでしょう。

住所:東京都渋谷区神宮前5-1-15
電話:03-6419-2055
営業時間:午前11時〜午後8時

 
 
 
 
  <エールフランス国際コンクール開催される>

12月16日(木)、パリのカルーゼル・ド・ルーブルにおいてエールフランス主催の第22回新人国際コンクールが開催されました。日本からも11月17日の国内審査を勝ち抜いたファッション部門10名とジュエリー部門5名の代表1名がこの最終審査に臨みました。
今回は参加国も15カ国と盛況で、15日の夜には参加学生や関係者を招いてスウェーデンの大使夫妻がスウェーデン文化センターでパーティを催してくれるなど、いつにも増して力の入ったコンクールとなりました。
ジュエリー部門は特にテーマはありませんでしたが、ファッション部門の方は「環境とモード」で、総勢12名の審査員が厳正な審査を行った結果、ジュエリー部門のグランプリにはパキスタンのアヘムド・ワクアスさんが、そしてファッション部門のグランプリにはフランスのダウエイ・サンさんが選ばれました。
各国の最優秀作品に贈られる奨励賞は、日本ではジュエリー部門がヒコ・みづのジュエリー・カレッジの原口温子さん、ファッション部門が名古屋服飾専門学校の小池亜希さんが、それぞれ獲得しています。なお、小池さんは審査委員長でもあるピエール・カルダン賞も併せて獲得しています。
 
 

 
  ファッション・ジャーナリスト 大塚陽子

1947年9月9日 茨城県生まれ
福島県立磐城女子高等学校卒業後、国学院大学文学部史学科入学 '70年同大学卒業
1971年婦人生活社服装編集部入社
1974年モード・エ・モード社入社、'84年退社 最終職「モード・エ・モード」誌編集長
現在、東京ファッションデザイナー協議会(CFD)・顧問
エール・フランス国際コンテスト、青森・ファッション甲子園、福井ファッションコンペなど各審査員をつとめる。