ファッショントレンド'05.7
 
  ファッション・ジャーナリスト
大塚陽子
 
 
 
  <バカラ「ダークサイド」パーティ>

7月21日、バカラ×フィリップ・スタルク氏による「ダークサイド」コレクションの発表パーティが、丸の内のバカラのショップと、その地下にあるバーで開催されました。
きっかけは2003年にパリ16区にバカラメゾンをオープンするにあたり、そのインテリア・デザインをスタルク氏に依頼したことがはじまりだったそうです。
その結果彼は黒を前面に押し出したシャンデリアやグラスなど、モダンな作品を生み出しました。
今回はそれらの作品を一堂に会したお披露目のパーティだったわけです。
ちなみに写真のシャンデリアは¥8,925,000、7つのグラスが揃ったアン・バン・グラスセットは¥262,500、ブラック・エンジェル・タンブラーは1つ¥63,000となっています。
また、バカラは今年の11月11日、梅田のランドマークである「ヒルトンプラザ イースト」に直営店「バカラショップ 梅田」と直営バー「B bar Umeda」をオープンします。そちらもどうぞお楽しみに!!

 
 
 
 
  <ピアジェの新作ウオッチ“ポセション”>

ピアジェのジュエリー・コレクションから生まれた新作ウオッチ“ポセション”の発表会が7月7日に、日本橋のコレド・アネックスのレストランで開催されました。
70年代のポップアートを意識したユニークな文字盤と、自由に付け替えができるインターチェンジャブル・ストラップ、そして繊細な動きに合わせて小粋に回転するベゼルがデザインポイントですが、日本発売に限り、人気デザイナーの岩谷俊和さん(ドレスキャンプ)デザインの4つのストラップも披露され、またパーティのアトラクションとして岩谷さんデザインのドレスとピアジェのジュエリーを組み合わせた斬新なファッション・ショー等も披露されました。
ちなみに写真の時計は18kホワイトゴールド、ダイヤモンドセットベゼル、ピンク文字盤、インターチェンジャブル、サテンストラップ2本(時計セット分含む)価格¥493,500となっています。

 
 

 
  ファッション・ジャーナリスト 大塚陽子

1947年9月9日 茨城県生まれ
福島県立磐城女子高等学校卒業後、国学院大学文学部史学科入学 '70年同大学卒業
1971年婦人生活社服装編集部入社
1974年モード・エ・モード社入社、'84年退社 最終職「モード・エ・モード」誌編集長
現在、東京ファッションデザイナー協議会(CFD)・顧問
エール・フランス国際コンテスト、青森・ファッション甲子園、福井ファッションコンペなど各審査員をつとめる。