ファッショントレンド'05.10
 
  ファッション・ジャーナリスト
大塚陽子

 
 
<2006 S/S ミラノコレクションより>

9月24日〜10月1日まで開催されたミラノ・コレクション。期間中はさまざまなショーやパーティ等が催されますが、今回は趣向を凝らしたブルーガールのコレクションを御紹介します。
デザイナーのアンナ・モリナリは“音楽”をテーマにショーを構成しました。
オープニングにはバレリーナが登場し、華麗なダンスを披露、作品はドガの絵からヒントを得たチャーミングなチュチュ・ドレスからスタートしました。
この他、タンゴやジャズ等がモチーフとして取り上げられ、それらの音楽からインスピレーションを得た数々の装いがステージを彩りました。
 
 
 
 
<2006 S/S パリコレクションより>

ミラノに続いて10月2日〜9日まで開催されたパリ・コレクション。今回は長期間修復工事にかかっていたグラン・パレとプチ.パレのこけら落としのショーが催される等ビッグイベントが目白押しでした。
グラン・パレではクリスチャン・ディオール、シャネル、イヴ・サンローラン等のショーが行われましたが、プチ・パレではシャンゼリゼ通りのショップのリニューアルも記念してルイ・ヴィトンがこけら落としのショーとパーティを催しました。
外観にはルイ・ヴィトンのモノグラムの商品等が映し出されるという大がかりな仕掛けでショーに招待された人々を驚かせました。
また、ショーの方はシンプルでシャープなデザインの中にも現代のライフスタイルにマッチした華やかさが込められていて大好評でした。

 
 

 
  ファッション・ジャーナリスト 大塚陽子

1947年9月9日 茨城県生まれ
福島県立磐城女子高等学校卒業後、国学院大学文学部史学科入学 '70年同大学卒業
1971年婦人生活社服装編集部入社
1974年モード・エ・モード社入社、'84年退社 最終職「モード・エ・モード」誌編集長
現在、東京ファッションデザイナー協議会(CFD)・顧問
エール・フランス国際コンテスト、青森・ファッション甲子園、福井ファッションコンペなど各審査員をつとめる。