ファッショントレンド'06.3
 
  ファッション・ジャーナリスト
大塚陽子
 
 
  <ラルフ・ローレン表参道店オープン>

表参道にまたひとつ有名ブランドのショップがオープンし、3月29日にお披露目のパーティが催されました。
場所は明治通りと表参道の交差点のすぐ近くで、総面積はラルフ・ローレンのショップとしては世界一の約2000平米とか。
1階は重厚な雰囲気を大切にしたメンズの売り場、そして2階は白い壁が特徴のレディスの売り場になっています。
インポートを初め、さまざまな商品が揃った売り場はメンズ、レディスとも小部屋に分かれていて、まるで大きなお屋敷に紛れ込んだようです。
すぐ近くには表参道ヒルズが既にオープンしていますから格好の観光名所となることでしょう。是非一度覗いてみて下さい。
 
 
 
 
  <2006秋冬東京コレクションより>

JFW=ジャパンファッションウイークと名前を変えて2回目のコレクション週間が3月24日で一応終了しました。
17日にオープニングパーティを行ってから約1週間という短期間で、土・日・祭日も休みなくショーが繰り広げられました。その中でも圧巻だったのは24日のタイシノブクニとドレスキャンプの岩谷俊和さンのショーで、信國さんはダルメシアン柄に合わせて本物のダルメシアンを登場させる等請った演出が印象に残ります。
一方ドレスキャンプは1時間遅れでショーがスタートする等、人気者故の混乱もありましたが、クラシック&モダンなクリエーションは さすがで、東コレのフィナーレに相応しいドラマチックな内容でした。
 
 

 
  ファッション・ジャーナリスト 大塚陽子

1947年9月9日 茨城県生まれ
福島県立磐城女子高等学校卒業後、国学院大学文学部史学科入学 '70年同大学卒業
1971年婦人生活社服装編集部入社
1974年モード・エ・モード社入社、'84年退社 最終職「モード・エ・モード」誌編集長
現在、東京ファッションデザイナー協議会(CFD)・顧問
エール・フランス国際コンテスト、青森・ファッション甲子園、福井ファッションコンペなど各審査員をつとめる。