ショップ紹介No.15

タキヒヨー(株)「アルティーローブ」のご紹介

銀座コア2F 明るい雰囲気の店内
若々しくて思わず着てみたくなるようなお洋服がいっぱい
地球儀の傘…雨の日の世界旅行はいかがですか?
 今回は、ナゴヤファッション協会の会員企業、タキヒヨー株式会社の初の本格的SPA(製造小売業)業態となる「アルティーローブ」の第1号店をご紹介したいと思います。
 場所は東京銀座。銀座コアビルの中に3月6日にオープンしたばかりのお店です。
 まずは、タキヒヨー株式会社東京支社百貨店事業部MDの法泉寺さんからお話をうかがいました。

 「アルティーローブのコンセプトをひとことで言うと“モード&トラッド”ですね。団塊の世代のお母さんと30代の娘さんに向けた“新大人服”です。」
 「女性には、自分だけのお気に入りのお洋服とか小物たちとかってあるでしょ。“私だけの宝物”…。そんな宝物の一つになれるように、いろんなことにこだわりぬいたモノづくりが、アルティーローブの目指すところなんです。」
 なるほど…、私も最近“大人の服”が、なかなかないなぁって思ってたんですね。年相応に、妙に落ち着いちゃうのはいやだし、かといって娘さんのような服は着れないし…。そんな世代の不満に応えてくれるお洋服がここでは見つかりそうな予感…。
 「ナチュラルでノーブルなクォリティをデイリーユーズに落とし込んだ洋服、日常着なんだけど品格を失わない、ひとつ上のテイスト感をお届けするのがアルティーローブなんです。」

 これはとっても期待できそう…。ショップに足を運ぶのが待ちきれない気分です。
 「アルティーローブはタキヒヨーにとって、初めてSPAに本格的に参入するということで、とても大きな意味を持っています。そのため、タキヒヨーの中でテキスタイル事業部、アパレル事業部、そしてアンクラインを中心とした百貨店事業部の3つの力を総結集して作りあげているんです。さらに、このアルティーローブを通して、これまでも少しずつ手がけてきた雑貨部門をさらに充実させていくという構想も持っています。」
 ということで、アルティーローブのもう一つの魅力は、バッグやベルトといった革小物や、アクセサリー・コサージュなどの小物類も豊富なこと。特に私が目を惹かれたのが“傘”…このあと、実際に銀座のショップにお邪魔して見せていただいたのですが、やさしい曲線を描く16本骨の傘に、地球儀を一枚プリントした生地がはりこんであって、さしていると本物の地球儀を中から見上げているみたい…、こんな傘なら雨の日も楽しくなっちゃいますね。

 銀座のショップはオープンしてまだ一週間なんですが、やはり団塊世代のお母様と娘さんが親子連れでお買い物って姿がけっこう見受けられて、ねらいどおりの手ごたえを感じてるってことでした。明るい店内に並ぶお洋服は、どれもデザインは若々しくてスマートな感じ。ウエストの切り替えとか、デニムのはき込みとかに、少しだけ工夫がしてあるので、50代からのウエストやヒップがちょっぴりふくよかになった体型でもすっきりと着こなせるっていうのが、とっても魅力的でした。
 このアルティーローブさん、すでに銀座の他にも大阪泉市や滋賀県の大津にもオープンしていて、3年後には全国に30店舗以上展開していく予定とのこと。早く名古屋にもオープンするといいですね。大いに期待して待ってま〜す!!('07.3.12)

店名:アルティーローブ
場所:東京都中央区銀座5丁目8-20 銀座コア2F
TEL&FAX:03-5537-2470
営業時間:11:00〜20:00 (定休日無し)