ショップ紹介No.18

(株)リオ横山「Three Dog Bakery」のご紹介

かわいらしいお店の入口
ケースの中にはおいしそうなケーキが…
お洋服もいっぱい
 ベビー・子ども服を始めとした総合アパレルメーカー、そして、リオワールド等のショッピングセンターの運営でも知られる株式会社リオ横山も、ナゴヤファッション協会の会員企業です。このリオ横山さんが5年ほど前、「ワンちゃんのためのおやつとグッズの店」をオープンされたのをご存知ですか?
 お店の名前は「Three Dog Bakery」。第一号店は東京、代官山にあります。他にも自由が丘店、横浜元町店、軽井沢店、ナゴヤドーム前店、浦和店、成城店、那覇店があります。
 そもそも「ワンちゃんのためのおやつのお店」ってどんなお店…? ということで、マネージャーの池戸さんにお聞きしました。
 「Three Dog Bakeryはもともとアメリカの会社なんです。創業者はダンとマーク。そもそもの始まりは、この二人の飼っていた3匹の犬の1匹…グレーシーという名前なんですけど…が拒食症になってしまったこと。なんとかこの子を助けたいと、必死の思いでダンとマークで作った手作りクッキー。これをグレーシーに与えてみたところ、このクッキーだけは食べることができて、グレーシーはなんとか命をとりとめたんです。それで、せっかくのクッキーを他の犬たちにも食べてもらいたいと始めたのがこのthree Dog Bakeryです。ただ、クッキーやケーキといっても人間の食べているものをそのまま与えたら、犬の体にはよくない。だから、Three Dog Bakeryのおやつには生クリームやチョコレート、動物性油脂、砂糖、塩、保存料などは一切使わず、犬の体によい食材だけを集めて独自の製法で作っているんです。」とのこと。

 5年半ほど前、リオ横山の社長夫妻がアメリカ視察された時、このThree Dog Bakeryのショップを見つけて、ご自身も愛犬家だったため、「これを日本に持ってきたら日本の愛犬家にも喜ばれるに違いない」と確信。さっそく総代理店契約を結んで、2001年7月にオープンしたのがこの代官山のお店なんですって。
 ドッグカフェも併設されたこのお店のコンセプトはもちろん“ワンちゃんたちの健康を第一に考える”こと。お店の中に一歩入ると、お砂糖や生クリームは全く使われてないにもかかわらず、ほんのりケーキの甘い香り…。ウィンドケースの中にはおしゃれなデザインのおいしそうなケーキやクッキーが…。なんだか、私が食べたくなっちゃいそうです。もちろん人が食べても大丈夫な材料ばかりで作ってあるそうなんですけど、ちょっとお味が薄めで、人間にはあまりおいしくないかも…でも、ダイエットにはちょうどいい??

 お店のケーキやクッキー、ビスケットはどれも専任のパティシエが独自の製法で、ひとつひとつ心をこめて作りあげているんです。さらに、日本のThree Dog Bakeryではおやつだけではなくて、リオ横山が企画生産しているドッグウェアや雑貨も扱っています。ちっちゃなチワワやミニチュアダックスから大きなレトリバーまで、お洋服のサイズもとっても豊富。フードがちょこんとついてたり、かわいいプリント模様のお洋服に、愛犬家ならずとも思わず「カワイ〜イ!!」
 春のやわらかな陽射しの中、イチゴ模様のお洋服を着せてもらって楽しいお散歩。途中で、こんなおしゃれなお店に立ち寄って、おやつにはおいしくってかわいいケーキとクッキー…。ハッピーなハッピーなワンちゃんたちの物語りがここから始まります。
 ちなみに名古屋には、イオン名古屋ドーム店の中にThree Dog Bakeryのお店があります。みなさんも、かわいいペットのために一度お出かけになってみませんか? ('07.3.13)

店名: Three Dog Bakery 代官山店
場所:東京都渋谷区猿楽町2-7-101
TEL&FAX:03-5458-0085
営業時間:10:00〜20:00(年中無休)
www.threedog.co.jp/