ショップ紹介No.26

ACOWA tee 〜世界に一つしかないハンドメイドのお洋服〜

 

 パルコの西、ナディアパークの南。おしゃれに敏感で、こだわりのあるスポットが点在するホットなエリアに、今年7月誕生。早くも名古屋の女性のハートをグッとつかんでいる、個性豊かなショップが「アコワティー」です。
 「名古屋を選んだのは、名古屋の人たちが温かい感じがしたので」と笑顔で話す店長の池田和歌子さん。ショップを彩る可愛い洋服は、すべてお姉さんの手づくりです。
 レースとジャージー、もこもこ素材とフリル、シフォンとニット、モノトーンと花柄などなど、異質な布や柄同士の意外な組み合わせが、とっても新鮮! 可愛くて夢のあるデザインとゆったりふんわりしたシルエットは、着る人の年齢やサイズを特定しない不思議なニュアンス・・・・。
 着てみると見た目以上に着心地が良く、身体をやさしく包みこむように、誰にでも似合ってしまいます。

 じつは、名古屋は2店舗目。7年前、姉妹でオープンさせた福井店がはじまりだったとか。「姉のつくる服が素敵なんです。デザインも縫製もすべて姉が考え、ひとつひとつ丁寧に手づくりした一点もの。そんな姉のつくる服を、一人でも多くの人に着てもらいたくて」と池田さんは名古屋への出店理由を語ります。福井市でショップを立ち上げた時も「特にファッションの勉強をしたわけでも、商売の経験もなかった」池田さん。「お客様と話をするのが好きです。」と気負わない自然体な感じは、お姉さんの作る洋服のふんわりやさしく人を包み込む雰囲気と同じです。

 そんなアコワティーの洋服のファンは、10代、20代、30代、40代、50代と幅広く、とくに首まわりのスクエアにゴムを使用して伸縮性をもたせたアイデアは、授乳中のママたちにも大人気。ふんわりしたシルエットはお腹が大きくても目立たないし、なによりラクチン。出産後もおしゃれに着こなせ授乳にも便利となれば、長く大切に着ることができ、年代を問わずにファンが増えるわけです。
 「たくさんの人が姉のつくった服を着て、ショップの袋を持っていてくれるのを見るとうれしい」という和歌子さんの次なる夢は、また新たな土地でアコワティーのお洋服を広めること。

 量販されている流行の服とは一線を画した、世界で一つしかないアコワティーの洋服。身体を包んでいると「私だけのために、心を込めて創ってくれたお洋服」という、あたたかな手のぬくもりがじんわり伝わってきて、なんだか幸せな気持ちになれるのです。('07.10.18)

店名:ACOWA tee(アコワティー)
営業時間: 12:00〜20:00(不定休 主に水曜休)
場所:名古屋市中区栄3-25-15
TEL: 080-3041-9192
www.acowatee.com/