ショップ紹介No.27

Cung bo bien 1995 〜ワガママ大歓迎!オーダーメイドのドレス工房〜

 

 アジアンテイストの木のぬくもり、ゆったりと流れる時間・・・。「ベトナム大好き」なオーナーの浅井清香さんが名づけた「渚と一緒に」という意味の「Cung bo bien 1995」は、今年7月29日にオープンしたばかりのオーダーメイド・オリジナルドレスを制作するショップ。店内には色とりどりの糸、プロ仕様の多様なミシンや作品が整然と配置され、工房のような雰囲気が漂います。
 ギャラリーや個性派ショップが入居する知る人ぞ知るビルの2階ながら、表通りから少し入った場所ということもあり、今のところは口コミで訪れるお客様がほとんどだとか。2007年春に行われた「タワーコレクション」に出品を請われたのを機に、「出産・子育てでデザイン活動をしばらくお休みしていましたが、“ドレスを創りたい!"という気持ちが高まって」、驚くような縁が重なって念願の店舗を開くこととなりました。
 
 ドレスを専門に創りはじめたのは、10年ほど前。それまでは一人でインディーズ・ブランドの洋服を作っていましたが、あるとき「どうしても着たいウェディングドレスが見つからない」とオーダーされたのがきっかけでした。「難しいと思っていたことがやってみたら楽しくて」、今では、パンツドレス、パニエを入れないシンプルシルエットのドレス、ミニスカートのドレス、アジアンテイストのドレスなど、「とにかく変わったドレスが創りたい。お客様にどんどんワガママなオーダーをしていただきたいです」と言うほど、ドレスづくりが楽しくて仕方がないようです。
 浅井さんは、1996年にはじめて訪れたベトナムに魅せられ、以来、1年おきくらいに行くほどのベトナム・フリーク。「ベトナム女性のアオザイって美しいだけじゃなく、とても機能的。着てみると意外に動きやすいし、涼しい」。美しくて機能的なドレス・・・もしかしたら、浅井さんのドレスづくりには、アオザイのイメージが原点にあるのかもしれません。

 浅井さんへのオーダーは、年齢層やスタイルのリクエストも幅広く、またウェディングドレスだけに限りません。「お母様の振袖をドレスに仕立て直して欲しいとか、妊娠していても着られるウェディングドレスを作ってとか、いろいろなオーダーをいただきます。制約が多いなかで新しいドレスをつくるのが楽しいですね」。「こんなドレスが欲しい」「いろいろお店をまわっても着たいドレスがない」とお思いの方、ぜひ、浅井さんに相談してみてください(要予約)。

 近い将来には、ホームページを立ち上げて作品発表の場を広げたり、メンズのウェディングスーツをデイリーに着回せるスーツにリメイクしたりといった新しいアイデアも実現間近とのこと。「ここは、ドレスの実験室みたいな感じですね」と笑う浅井さんの、次なる試みがとても楽しみです。('07.12.12)

店名:Cung bo bien 1995
営業時間: 12:00〜19:00(要予約)
定休日:水曜日
場所:名古屋市中区栄5-4-33 えいわビル2F 205
TEL:052-262-3302
saigon9692@yahoo.co.jp
www.myspace.com/saigon_cungbobien1995