ショップ紹介No.31

発色の美しい「ナチュラルダイ」でエコアピール/株式会社ジュニアー

 

そごう横浜店で、ナチュラルダイをアピールした展示の様子
左がマリーゴールドで染めたTシャツ(Liliane Burty PARIS/16,000円)
ハイビスカスで染めたポロシャツ(Liliane Burty PARIS/21,000円)
 「ナチュラルダイ」をご存知でしょうか?これは天然植物の素材本来の色を活かした、人にも環境にも優しい新しい染色方法の名称です。今回は、“地球環境を大切にする”ことを考慮して新商品作りをされた、「株式会社ジュニアー」さんにお話を伺いました。
 今回「Liliane Burty PARIS」というブランドで、エコ商品を初めて企画する際のキーポイントは、「今までのブランドイメージを保つカラー感を出す」ことでした。それを可能にしたのがナチュラルダイです。これは、何百色というカラーバリエーションがあり、出来上がりの発色も美しく、生地への負荷が少なく、さらに洗濯時の色褪せも少ない。そんな理想的な染色方法なのです。淡いナチュラルカラーの草木染めとは違い、天然染料にごく微量の化学染料をブレンドすることで、鮮やかなカラーも出すことが可能なのです。

 化学染料に比べると、コストがどうしても割高になってしまうという点はありますが、エコなのにカラフルでファッショナブル。こんな素敵なコラボレーションが実現されているのです。実際に手に取ると、発色の美しさに驚きます。ハイビスカスで染めたポロシャツ(Liliane Burty PARIS/21,000円)は、深みのあるピンクがかった赤、マリーゴールドで染めたTシャツ(Liliane Burty PARIS/16,000円)は、花びらそのものの明るいオレンジイエローと、一般的なエコカラーの印象より華やかな色合いなので、お客様からも好評です。また、百貨店などでも評価が高く、今回は西武池袋本店、そごう横浜店、そごう千葉店の3店舗にて、従来店舗とは別のスペースに、ナチュラルダイ使用の商品として、4月下旬から5月上旬までコーナー展示されていました。ナチュラルダイを使用して展開しているブランドも、Liliane Burty PARIS (ECLATも含む)、 PISANO、 Lat、 Fitme Moi、 NEIPLEと複数で、ブランドの垣根なく展開したのも新しい試みとのことで、エコをキーワードに商品作りの広がりをみせています。
 店頭に並ぶナチュラルダイを使用した商品には、「Natural dye」と書かれた専用のタグがついており、店員さんに質問すると、染色に使用された植物の花言葉などを教えていただけます。ぜひ、お話を伺ってまめ知識も楽しんでみてください。('08.5.9)

−名古屋でのLiliane Burty PARISお取り扱い店舗:松坂屋本店本館/丸栄本館−

お問合せ先
株式会社ジュニアー
名古屋市中村区黄金通5-28
Tel:052-482-0764
百貨店事業部/リリアン・ニッコールDIV 
リリアンビューティーMD 課長代理
市野 隆